プランターで大玉トマト栽培2013 栽培条件・作型 トマトの作型

 いよいよ今年もトマト栽培のスタート時期が来ました。
農家のように温室やハウスで育てるわけではないので、関東の平地の場合は、この2月下旬が家庭菜園での一番早い種まきとなります。

といっても、家庭菜園でトマトを作る人で、種から苗を自分で育てる人って、どのくらいの比率でいるんでしょうね。

毎年いろんな品種に挑戦するのですが、時期を分けて3~4回くらい蒔く予定です。

その第1回目は2月下旬です。苗を定植する5月の初めから逆算して60日前に蒔きます。

tomato-sakugata01_s1.jpg

プランターで大玉トマト栽培2013」の関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://atomato.net/mt5/mt-tb.cgi/306

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

2013年2月   
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本