2013年5月記事一覧

ちょっとアブラムシが発生したので、病気を媒介されると困ると思って、デンプン剤を葉っぱに噴霧しました。

今まで使用してこんなことはなかったのに、葉が枯れる障害が日を追うにつれ出てきました。
最初は吹き付けすぎかなとも思いましたが、その後使用していて障害が出なくなったので、思いつくことは、使用前によく容器を振って攪拌しなかったのが原因かな、と今は思っています。
成分の一部が偏りすぎて障害を起こしたのでしょうか。

新芽の部分には障害が出ていないので、大きい影響はないと思いますが、よく説明書を読んでしようしないとと反省しました。

2013-05-27-11.jpg

トマトではよくある質問なんですが、
「トマトの木が太すぎて肥料が効き過ぎではないか、品種は桃太郎ですが、実はなるんでしょうか?」
というものです。

それに対して回答は、

関西のAさん

「肥料が効きすぎて、実が付きにくなることもあります。桃太郎はこういう傾向が強いです。
脇芽を早めに取って、下のほうの葉を半分に切りましょう。
まだ効くようであれば下のほうの葉を完全に落としましょう。
トマトは、元肥より追肥で育てた方が管理しやすいです。」

関東のBさん

「トマトにはよくあることで、窒素分の効きすぎでしょう。
桃太郎は特にそういう傾向があります。
脇芽を放置し窒素分の吸収させると落ち着いてきます。
茎から気根が出たり、茎に穴が空いたりすることもあります。
大きくなるにつれだんだん落ち着いてきます。
おそらく苗を早く植えつけたために草勢が強くなっているだけです」

両者とも経験者だと思いますが、片方は芽や葉を落とせといい、片方は芽を伸ばせといっています。

実を摘む摘まないでも、よくこういう話はありますよね。
私は後者のやり方ですが、どちらにします?
地方による違いもあるんでしょうか。

各段の果実の成長記録です。

5月12日(播種から80日目)樹の高さ50cm、1段目は3個着果肥大中
2013-05-12-04.jpg

5月15日(播種から83日目)樹の高さ60cm。第1果房は3個であとは摘果。第1果は50mm大。
第2段は結実中、第3段は開花直前。

2013-05-15-04.jpg


5月21日(播種から89日目)樹の高さ70cm。

2013-05-21-02.jpg

 

5月25日(播種から93日目)第1果房の変形果がどんどん肥大化。
第2果房も成長中。

2013-05-25-01.jpg

大玉トマトの栽培では最近は「連続2段摘心」でやることが多くなりました。
今年初の捻枝はちょっと慎重に捻って曲げてみました。
たまに折ることもあるんですが、今回はうまくいったようです。
あまり太いとやりにくいですね。

2013-05-23-01.jpg

 

キュウリの第1花が開花、実も見えてきました。
葉が大きくなり始めました。

2013-05-21-05.jpg

2013-05-21-04.jpg

2段目が着果して樹高70cmになりました。
連続2段摘心でいくため、2段目の脇芽をそのまま伸ばしています。
プランターなので5段目で芯止めの予定です。

2013-05-21-01.jpg

8節目くらいまで伸びてきたので、5節までの脇芽は摘み取りました。

2013-05-14-02.jpg

あと1週間で畑に定植予定ですが、すくすくと成長しています。
成長点付近がとてもきれいなので写真に収めてみました。

2013-05-14-01.jpg

第1果がいわゆるピンポン玉大まで成長しました。
3個目まで実が大きくなっています。
ピンポン玉大は、いわゆる追肥開始の目印です。
普通はこのあたりから実が大きくなるともに、元肥も切れてくるため追肥を開始します。

プランターなので土は元肥入りの培養土を使用しました。、
しかし、トマト専用の培養土ではないため、苦土石灰と溶リンを最初に足しておきました。
それでも、葉の様子をみていると、どうも元肥の効きが弱めなので、先週から追肥を開始しています。

これからは追肥をしっかり効かせていきます。

2013-05-11-09.jpg

第1果の大きさは500円玉より1回り(30mmくらい)大きくなっています。

2013-05-08-01.jpg

2013-05-08-04.jpg

1番果は播種から68日目に1cm位の大きさになり、成長を続けています。
しばらくのゆっくりした変化を記録してみます。

播種から68日目(4月30日) [ 拡大 ] 播種から70日目(5月2日) [ 拡大 ]
2013-04-30-01.jpg 2013-05-02-02.jpg

播種から74日目(5月6日)
25mm(10円玉大)位に成長しています。
木の高さ45cm[ 拡大 ]

播種から76日目(5月8日)
500円玉より1回り(30mmくらい)大きくなっています。
[ 拡大 ]

2013-05-06-01.jpg 2013-05-08-01.jpg

着果はしたものの、2個のめしべがくっついたような乱形果
がく片も12枚もある。
楕円形のトマトになるんだろうね。

 2013-05-08-02.jpg

2013-05-02-01.jpgキュウリは意外と難しいというのが私の実感なんですが、友人がプランターだと実がたくさん取れないと嘆いていたので、どんなものか、とプランターでキュウリ栽培に挑戦することにしました。

苗は98円で買った「夏すずみ」です。
買ったときは本葉が2枚しかなかったので、4枚になるまで置いておいて鉢に植え替えました。

獲りたてを丸かじりするのが大好きなんですけど、うまくできるのかな?
15本くらい獲れればいいんですけど・・・。
 
教科書通り育ててみます。
OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2013年5月   
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本