プランターで大玉トマト栽培2013 種を蒔いて105日経つと・・・

種を蒔いてから105日経ちました。

出遅れた小さい実は摘果して、現在、3段目まで17個の実が付いています。
気の弱さから(苦笑)摘果できなかった変形果が養分をどんどん吸って、一番大きくなり11cmくらいになっていますが、本来の1番果は7~8cmの大きさです。
あまり大きくなるのもあとが続かないので良し悪しです。

今月下旬の赤くなるまでに、どのくらいの大きさになる?

プランターや鉢で市販の培養土を使っての栽培というのは、肥料の効きがつかみにくく、茎もなんか細めです。
もうちょっと、太くしたかったんですが、思うようにはいきませんね。

実の尻腐れは、今のところカルシウム対策が効いているのか、肥料・水分のバランスがうまくいっているのか、兆候は出てないので、3段目までは大丈夫のようです。

プランターには2株植えてあります。5段を目指します。

2013-06-05-01.jpg

 

 

 

 

プランターで大玉トマト栽培2013」の関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://atomato.net/mt5/mt-tb.cgi/451

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2013年6月   
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本