水に浮くトマトはまずいのか? 水に浮くトマトはまずいのか? その2

この実験ではミニ、中玉、大玉のいろいろな大きさと品種のトマトを水に入れて沈むかを試していますが、品種によっても違いがあるので、作っている品種すべてで確かめています。

2回目の実験は大玉の「麗夏」です。麗夏としては少し小ぶりの110gです。

 

色は真っ赤ですが、どうでしょう。

 

2013-07-24-06.jpg

 

沈みましたが、かなりゆっくり沈んだので、水に対する比重はかなり近いようです。

 

2013-07-26-01.jpg 

食べてみました。

完熟したばかりの硬めの食感ですが、たぶん糖度6度以上はあるかな(推定)という感じです。
甘みと酸味はバランスよく、旨みも感じられました。

美味しいトマトとして薦められる味でした。

このトマトは麗夏というトマトですが、今回は110gの小さいサイズだったので、大きいサイズでも試してみようと思います。

まえの実験 その1へ   つぎの実験 その3へ

水に浮くトマトはまずいのか?」の関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://atomato.net/mt5/mt-tb.cgi/513

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2013年7月   
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本