水に浮くトマトはまずいのか? 水に浮くトマトはまずいのか? その5

今回は大玉麗夏の240gです。

小ぶりな麗夏は1回試していますが、240gというのは大きめのサイズになります。

完熟のまっかっかです。さてどうでしょう。

2013-07-30-03.jpg

 

おっと、浮かんでしまいました。

中はどうなんでしょう。

切ってみると、こんな感じです。

2013-07-30-04.jpg

 

ゼリー部分もあって、みずみずしくておいしそうな感じです。

これで沈まないんですね?
甘みが薄いんでしょうか、まずいんでしょうか。

この実験を続けていて、ふと思ったことがあります。

知っている人はいるのかもしれませんが、水に入れたトマトは沈む沈まないにかかわらず、ヘタが上を向く!!!

ということはヘタに近いほうは軽いんじゃないか? この推測どうでしょう。

では、試したほうがいいですよね。

カットしたこのトマトの半分だけを水に入れてみました~、ドボン

2013-07-30-05.jpg

 

やっぱり、しっかりと沈みました。

実の中の比重には偏りがあるということですね。

あとは食べるだけ。

食べてみます。

うん、美味しい、甘みも酸味もうまみもあります、これが私の大好きな味です。

これは市販のトマトにはない味で、お奨めできます。

糖度計がないので、信用できませんが、少なくとも糖度4などではありません。
沈む目安と言われる糖度6以上はある感じなんですけど。

不思議なのは、このトマトにだけでいえば、ヘタに近いほうも遠いほうも味はあまり変わらないということでした。

で、なぜ沈まないんでしょうね。

疑問が残ります。 まだまだ、実験は続きそうです。

まえの実験 その4へ  つぎの実験 その6へ

水に浮くトマトはまずいのか?」の関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://atomato.net/mt5/mt-tb.cgi/518

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2013年7月   
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本