水に浮くトマトはまずいのか? 水に浮くトマトはまずいのか? その7

またまた、大玉の麗夏でテストしますが、栽培しているトマトの半分はこの品種なのでどうしてもそうなっちゃいます。

今回は210gの大きさです。

重たい感じがしますが、どうなるのでしょうか。

 

おっと、沈みました!

2013-08-03-01.jpg

 

では切ってみます。

2013-08-03-02.jpg

 

きれいな赤です。 それにしてもいい色です。

家庭菜園でもしばらくは桃太郎に代表されるように、ピンク系ばかりでしたが、最近は私が育てる赤系のトマトも増えてきました。
世界的には赤系が中心だそうです。


ちなみに、皮の色が透明なのがピンク系になり、皮が黄色いと赤系のトマトになるという話です。

では食べてみます。

トマトらしい酸味のある味です。
とくに甘さが濃厚という感じはなく、ほんのり甘いという感想です。

まえの実験 その6へ  つぎの実験 その8へ

水に浮くトマトはまずいのか?」の関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://atomato.net/mt5/mt-tb.cgi/528

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2013年8月   
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本