沈むトマトの真実 今年も甘いだけで沈むのか

去年も追及しましたが、 沈むトマト=甘いトマト という、私だけ気になるこの公式なのですが、また今年も実験材料が豊富に揃う時期がやってきました。

手始めに今日の素材を使って、水にドボンしてみました。

黄色のミニとオレンジの中玉ですが、やはり全部沈みました。

1407170003.jpg

ネット上のQ&Aの回答で、つぎのようなことを見たのですが、

トマトが浮いたり沈んだりするのは、トマトに含まれる糖分(主にショ糖)量により決まります。ショ糖溶液は,水より比重がわずかに重く,糖度 6(8)% を超えると沈むようです。
また,上の実ほど木全体の栄養が集中しやすいため,木の下のほうに生った実よりも沈みやすく,夏物は中身が熟しきる前に外側だけが赤くなって収穫されるため,春物のほうが沈みやすくなります。

同じことが徳島大学の竹内政樹さんが書かれたリレーエッセイ「ベランダ菜園」に書かれていたので、ここからのコピーでしょうか。

しかし、「トマトが浮いたり沈んだりするのは、トマトに含まれる糖分(主にショ糖)量により決まります。」というのは少し疑問が残ります。

やはり同じ記事内に「ミニトマトは糖度が 3 程度でも水に沈むということが分かりました。」 とあったので、やはりミニトマトは甘くなくても沈むわけです。

そして、大玉トマトも甘くなくても沈むものがあります。

単にショ糖の比重だけなのでしょうか。

沈むトマトの真実」の関連記事

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2014年7月   
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本