プランターで大玉トマト栽培2014秋冬 秋冬トマトに挑戦 #10 - 中玉トマトも挿し木で

sasikikarasodatete1.jpg

畑のトマトを撤収していたら、中玉トマトの中にまだまだ元気な開花中の脇芽が目に留まりました。

種からの苗の開花が遅いので、この脇芽も挿し木にして育ててみることにしました。

枝ぶりも大きいので発根させてから植えるように、室内の窓際に置いて水に差しました。

2014_09130016.jpg

挿し木するには大きいので少し葉を整理して様子を見ることにします。

開花中の上にもつぎの段のつぼみが開花しかけています。

2014_09130015.jpg

予備を含め2本水に差してありますが、実は両方ともトマトうどんこ病にかかっています。

今年はこの病気が蔓延しました。

種から育てているほうもうどんこ病が見られましたがカリグリーンの散布でおさまったようなので、この挿し木にもカリグリーンを散布しました。

プランターで大玉トマト栽培2014秋冬」の関連記事

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2014年9月   
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本