プランターで大玉トマト栽培2014秋冬 秋冬トマトに挑戦 #9 - つぼみ発見

tanekarasodatete53.jpg

ようやく何やらつぼみが発見できました。

2014_09080003.jpg

2014_09090001.jpg

つぼみは本葉9枚目のつぎに出ています。

通常より花の着く位置が遅いのですが、日数的には種まきから53日目なのでそんな変わりないようです。

テキスト通り、育苗期の気温が高いと着果節位が上がるというのが、まさに体験できました。

落花しないで成長してくれるといいのですが。

しかし、どうも芯止まりしたような感じです。

下から1~3番目あたりの本葉は枯れてきて、1番目の本葉はすでに落ちました。

真夏の育苗は春とは違うことがおきますが、それもまた新しい体験です。

プランターで大玉トマト栽培2014秋冬」の関連記事

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2014年9月   
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本