カテゴリー「キュウリ」のブログ記事

自動潅水装置ならぬ簡易潅水装置(のちほど紹介)をしかけて、4日間不在にしました。

ひょっとして枯れているんじゃないかと思ったら、樹は元気、獲りごろのキュウリが4本収穫できました。
なかなかおいしそうです。
この「夏すずみ」1本目を先日収穫して食べましたが、柔らかい品種ですね。
プランターでもいけるかも?

2013-06-13-01.jpg

で、簡易潅水装置です。

この時期、不在がちなのですが、問題はプランターで栽培している野菜たちです。
今回は4日間不在、トマトは液肥を水代わりにしみ出るまで
たっぷり上げていったので、まあ問題なしだと踏んでいきましたら、
もちろんノープロブレム、想定外で赤く熟しちゃったわけです

問題は水そのもののキュウリでした。
これは枯れちゃうと思ったわけです。
あの非常時用の水タンクの出番です。キュウリにも非常時ってことで。。。

2013-06-14-01.jpg

コックが付いています。
これを調整してレバーをぎりぎり絞り、「水滴岩をうがつ」式の、
いわゆるポタッ・・・ポタッ・・・と出るようにして、プランターの土に落ちるようにしかけました。
帰ってきて、10ℓタンクの水がすでになくなっているのかと思いきや、3ℓ残っていて、つまり4日間で7ℓの水をあげたことになったわけです。
1日にして、2ℓならじゅうぶんでしょう。


これならキュウリも育つわな、と納得しました。

 

土は市販の培養土でしたが、窒素分がたくさん入っていたのか、
葉ばかりが繁り、完全につるボケ状態でした。

1番果は成長せず、摘果しました。

ようやく5番目くらいの実が大きくなり始め、15cmくらいの大きさまで成長してきました。
これなら収穫できそうです。

キュウリ定番のうどん粉病も培養土のせいか、今のところ発生していません。

2013-06-06-01.jpg

 

キュウリの第1花が開花、実も見えてきました。
葉が大きくなり始めました。

2013-05-21-05.jpg

2013-05-21-04.jpg

8節目くらいまで伸びてきたので、5節までの脇芽は摘み取りました。

2013-05-14-02.jpg

2013-05-02-01.jpgキュウリは意外と難しいというのが私の実感なんですが、友人がプランターだと実がたくさん取れないと嘆いていたので、どんなものか、とプランターでキュウリ栽培に挑戦することにしました。

苗は98円で買った「夏すずみ」です。
買ったときは本葉が2枚しかなかったので、4枚になるまで置いておいて鉢に植え替えました。

獲りたてを丸かじりするのが大好きなんですけど、うまくできるのかな?
15本くらい獲れればいいんですけど・・・。
 
教科書通り育ててみます。
OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本