カテゴリー「畑のトマト」のブログ記事

畑のトマトは インスタグラム

畑のトマトは インスタグラム

トマトの苗は透明の衣装ケースを温室代わりにして育てていますが、2月から3月にかけて曇り空も多くなかなか温度管理は大変です。

衣装ケースの底には電気マットを敷いて、最低気温を13度以下になりそうなときは暖めています。

それでも今年は1月から3月にかけては平年より1度高いようなのですが、体感的には実感がありませんね。

種まきから40日経過しました。

苗の高さは10cmほど、本葉が5枚目から6枚目が出ようとしています。

2017_03170002.jpg

温室の栽培ではなく、衣装ケースを利用しているため、外気温の影響をもろ受けます。

朝、外に出して、夕方、室内に入れて、寒い日は窓際の室内です。

そうして、種まきから31日目、4枚目の本葉が出てきました。

2017_03060004.jpg

種まきから17日経ちました。

まだ小さいけど、本葉が2枚出ています。

2017_02200001.jpgのサムネイル画像

この時期はまだまだ最低気温が低いので、夜間は室内に取り込んでいます。

そうかといって、日が当たると高温になり過ぎたりするので、温度調整には、なかなか手がかかりますね。

今年はいつもの年より20日早く、2月3日に種まきをしました。

種からの発芽のさせかたはいつものやり方で、記事「初めてでもできる!「トマトの種の発芽のさせかた」・・・」の通りです。

で、9日目でこんな感じ、双葉状態です。

2017_02130007.jpg

畑で作っているトマトは今が全盛です。

今日は中玉とミニトマトのプチセットを作り、所属している音楽クラブのお友達に差し上げました。

2015_08010006.jpg

ちなみに容器はセブンのアイスコーヒーカップの再利用ですが、中にはシンディースイート、シンディーオレンジ、フルティカ、ミニキャロル、千夏、イエローミニ、トスカーナバイオレットの7種が入っています。

畑には1週間に1回しか行かないのですが、気温も上がりトマトがどんどん赤くなっていきます。

今回はこれだけ、大玉だけで50個以上あります。

DSCF3629.jpg

畑のほうでは尻腐れはほとんどありません。

畑で栽培していた調理用のトマト、ティオクックが収穫の時期にきました。

縦長で卵形をしていて栽培は容易です。

1407240015.jpg

1407280005.jpg

食べてみたら、生食用のトマトより薄い味でした。

加熱すると美味しくなるということですが、どうでしょうか。

これで約2㎏です。トマトソースにすると350g瓶で4本分くらいできます。

畑のほうのトマトには、すでにトマトの有名害虫「オオタバコガ」の幼虫を発見しました。

2014-06-19-01.jpg

いまのところ、たぶん1株のみで1齢から2齢の幼虫3匹みつけました。

これが今年の第1陣でしょうか。オオタバコガはこれから9月くらいまでやってくる害虫です。

食害のあともあちこちあります。

2014-06-19-02.jpg

 

その点プランタートマトでは、今までオオタバコガの被害にあったことがありません。

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本