なってからでは遅い(?)尻腐れ病・・・症状から対策まで

maegaki-new.gif

簡単にいうと...

症状: 果実のお尻が黒褐色に変化する生理障害。
原因: さまざまな要因によって、実に必要なだけのカルシウムが届かない。  すぐ知りたいときは...
予測:表皮を観測すれば尻腐れを予測できる?
予防対策: もう手遅れかも?  最初からカルシウム分を含め、バランスよく肥料を施すことが大切。
     その後の効果が期待できる対策は葉を切る?  すぐ知りたいときは...
食べられる?:食べてもいいけど... すぐ知りたいときは...

 

尻腐れ病の症状

尻腐れ病は、写真のようにお尻の部分(果頂)から腐ったように、細胞が壊死し黒く変化していく病気です。
症状の出かたは軽いものから、重いものまであります。

2013-06-17-03.jpg
 
尻腐れになった実の内部がどうなっているかというと、

2013-07-28-02.jpg

 

最初の第1果房から出ることもありますが、第4果房以降に出やすくなるようです。
お尻の部分だけでなく、側面にも出ることがあり、同じ果房全体に広がることもよくあります。

果房全体に尻腐れ

ちなみにお借りした下の画像ですが、これは花芽ができるときに何らかの異常を起こしたもので、腐っているのではなく尻腐れとは別の障害です。

2014-06-06-02.jpg

尻腐れ病は、病気と呼ばれてもウイルスなどに侵されているものではなく、トマトの木の中で部分的にカルシウムのバランスが崩れた(不足した)ことによって生じる生理的な障害なので、株全体がそうなっているわけではありません。

一時的に崩れたバランスが戻って自然と治ってくることもあれば、その後の対策で養分バランスを改善できれば、のちの果房は尻腐れを減らすことはできますが、すでに障害が出た果実が直ることはありません。

尻腐れになった実をそのままにしておくと、どんなふうに変化していくか追っかけてみました。
尻腐れ果は、ほったらかすとどうなるのか

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本