種からの大玉トマト育苗記録 (その1)

 このページは「大玉トマトを種から育てたい方」の参考になるように、今までのブログ記事を編集して「種からの大玉トマト育苗記録」としたものです。

種を蒔いてからプランターや畑に定植する苗に育つまでの60日間の記録です。

ただし、栽培する条件(温度、水、肥料、日照など)で、最終的に苗の大きさや枝葉の状態はかなり違う結果となります。

 

まずは種を蒔くわけですが、播種からの1週間までは別ページにしました。
最初の種の発芽のさせかたについては↓下をクリック!

daredemodekirutanekaranoikubyou.jpg

 

こうして1週間すると次のような双葉が展開してきます。

種まき 7日目

 双葉が展開 
 (2月28日)

双葉も展開してきました。しっかりと日光を当てていきます。
 

2013-02-28-01.jpg 

 

種まき 9日目 双葉成長中 
 (3月2日)

双葉が大きくなっています。 
 
2013-03-01-01.jpg
  

種まき 14日目 双葉の間から芽が 
 (3月7日)

種を蒔いてから2週間が経ちました。

双葉の間の成長点'がはっきりと見えてきました。

2013-03-07-01.jpg

 

種まき 18日目 本葉2枚目成長中 
 (3月11日)

寒暖を繰り返しながら、本葉が2枚が成長しています。

2013-03-11-01.jpg

 

種まき 22日目 本葉3枚目が出てきました 
 (3月15日)

本葉3枚目も見えてきました。
今回は苗の数が少ないため、最初から3号ポットで育てていますが、もっと数が多いときはセルトレイに蒔いています。
ちょうど、本葉が2~3枚目出た頃が、セルトレイからポットへ移植するタイミングです。

肉眼では見えませんが、このころにはすでに本葉7、8枚目と花芽の組織が作られつつあります。

つまり、この段階で花をつけていいものかどうかをトマトの苗は判断しているということです。

ですから、余りこの時期、適当に育てると、後になって花がつかない、実がつかないと悩むことにもなるわけです。

 
2013-03-16-01.jpg
 

種まき 26日目 本葉3枚目成長中 
 (3月19日)

4枚目の葉も見えてきました。しっかりと太陽に当ててやります。

2013-03-19-01.jpg

 

種まき 29日目 本葉4枚目成長中 
 (3月22日)

水遣りは土の乾き具合を見て3~5日に1回くらいあげています。気温が高い日が続くとけっこうカラカラになっています。

2013-03-23-01.jpg

 

種まき 34日目 本葉5枚目成長中 
 (3月27日)

天気が悪くて低温の日は室内で育てますが、そういう時が続くと、苗も徒長'ぎみになります。

2013-03-28-01.jpg

 

種まき 36日目 4号ポットに移し変え 
 (3月29日)

今日はすこし気温が上がりそうなので、3号ポットから4号ポット(12cm)に移し変えました。
根鉢'の状態はこんな感じでした。

2013-03-29-02.jpg

4号ポットに移し変えました。

2013-03-29-01.jpg

続きは tanaemaki37-58.jpg へ

コメント(2)

こんにちは!
細かくまで書いてくれてありがとうございます!

質問ですが、外で育つときは何かに入れて外に置きますか?太陽は暖かくても、風が冷たかったりとかしますので、ちょっと不安です!

その地方にもよるでしょうが、まだまだ気温が低いので温度管理が難しい時期です。
ここでは簡易温室として透明な衣装ケースに入れています。
底には電気マットを敷いてありますので、そのオンオフと蓋の開閉で温度調整しています。
夜間は室内に取り込んでいます。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

プロフィール

神奈川県在住のトマトファーマーです。
露地で大中小のトマトを中心にさまざまな野菜を栽培していますが、プランターでも大玉トマトを栽培してみたところ、露地栽培とは違ったプランター栽培の難しさに気づきました。
ここではプランターでの大玉トマト栽培のさまざまな問題点を探しながら楽しんでいます。
今年は舞台を畑に戻し、トマト中心にお伝えします。

   2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

PR

ブログパーツ

since 2012.1.14

FX基本